ブララボの目

ファンタジーから、生活へ。 新海誠監督作品と夏の憧憬

投稿日:2019年8月13日 更新日:

新海誠監督が2日、都内で行われた最新作『天気の子』の製作報告会見に出席し、本作について「東宝の夏映画として『王道の物語としてこんな風に終わると納得するよね』ということとは違うことをやっています」と語った。会見には声優を務めた醍醐虎汰朗、森七菜、本田翼、音楽を担当したRADWIMPSの野田洋次郎、桑原彰、武田祐介、川村元気プロデューサーも出席した。

本作は、『君の名は。』の新海監督が贈るエンターテインメント大作。天候の調和が狂っていく時代を舞台に、地方からの家出少年の帆高(醍醐)と、不思議な力を持つ少女・陽菜(森)が、運命に翻弄されながらも、自らの生き方を選択する物語が描かれる。

(中略)

さらに、新海監督は「観ていただいて損のないエンターテインメント大作になっています」と自信をのぞかせつつも「でも東宝の夏映画として『王道の物語としてこんな風に終わると納得するよね』ということとは違うことをやっています。『あなたはどう思うんですか?』と投げかけている映画です」と語っていた。

シネマトゥデイ 2019/7/2
磯部正和氏 署名記事
新海誠監督『天気の子』は王道の物語とは違う 観客に「投げかける映画」

個々人に夏の映画といえば何かを尋ねたら、思い浮かぶ作品がいくつかあると思われる。その中でも、スタジオジブリの作品を想起する人は、非常に多いだろう。スタジオジブリの描くファンタジー世界は、正に夢のような美しい世界観であり、夏の時間は、ジブリの夢の世界と共にあったという、綺麗な想い出をもつ人も沢山いるはずである。

ただ最近では、ジブリ作品の公開数が減り、夏の映画を代表するものが無くなってきていた。そんな中で、存在感を増してきたのが、「君の名は。」が大ヒットした、新海誠監督である。

新海誠監督は、ファンタジー世界を優美に描いたゲームの、「イース」シリーズで有名な日本ファルコムに入社し、パッケージデザインなどの仕事に携わった後に、退社してアニメーションの世界に入っている。アニメーションとしては、主に生活に密着した作品を手がけており、ファンタジー世界とは離れた世界観の作品が多い。作品の内容も、予定調和の勧善懲悪なものではなく、考えさせられたり、決して美しいばかりの作品ではないという傾向がある。ただ、その中でも風景や人間の細やかな心模様が可憐に描かれており、全般的に日常における美しさを大事にした作品になっている。

スタジオジブリという、ファンタジー世界の美的センスによる強力なブランド作品に対し、新海誠監督の日常生活の中にある美的世界感が、夏の映画としては、実に対照的なものとなっていることが印象的である。

SNSなどのコミュニティメディアが増殖した半面、個々人の価値観が多様化したことで、リアルな人間社会との関係性を築くことが難しい世の中である。

新海誠監督は、自身の作品のブランド価値についても、個々の鑑賞者の感覚に委ねているのかと思われる。自己アピールをせず、世界観や価値の押し付けではないブランドという点が、複雑な価値観をもつ現代社会において、相関性が高いのかもしれない。

武川 憲(たけかわ けん)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 シニアコンサルタント・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ シニアコンサルタント
MBA:修士(経営管理)、経営士、特許庁・INPIT認定ブランド専門家(全国)
嘉悦大学 外部講師

経営戦略の組み立てを軸とした経営企画や新規事業開発、ビジネス・モデル開発に長年従事。国内外20強のブランド・マネジメントやライセンス事業に携わってきた。現在、嘉悦大学大学院(ビジネス創造研究科)博士後期課程在学中で、実務家と学生2足のわらじで活躍。
https://www.is-assoc.co.jp/branding_column/

-ブララボの目

関連記事

不評の「SHIRO」リブランディング。消費者は何に怒ったのか?

コスメティックブランド「シロ(SHIRO)」が、2019年秋にリブランディングを行い、ブランドロゴやパッケージをリニューアルしたことについて、SNSで不満の声が上がっている。これを受けてブランドと同名 …

オーディオ御三家ブランドの盛衰 パイオニア上場廃止

パイオニアは27日、東京証券取引所第1部で取引される株式が上場廃止となった。1938年に創業して約80年。老舗の音響機器メーカーとして多くの人々に親しまれたが、2000年代に入って経営が悪化し、株式市 …

中国企業のブランド進化論 アリババとダブルイレブンでの販売構造変化

【北京=三塚聖平】中国で「独身の日」と呼ばれる11日に毎年恒例のインターネット通販各社による値引きセールが行われ、中国電子商取引(EC)最大手アリババグループの取引額が2684億元(約4兆2千億円)に …

ブーム終焉後の生き残り策 焼酎の気になる今後

帝国データバンク福岡支店が7日までに発表した焼酎・泡盛メーカーの2018年売上高ランキングで、霧島酒造(宮崎県都城市)が659億円で7年連続の首位となった。ただ、前年より3.4%減。上位50社の売上高 …

新時代の交通広告!? タイヤの跡が広告になる自転車

走った跡が広告になる自転車「STAMP BIKE(スタンプバイク)」が19日、東京都渋谷区の複合施設「渋谷ストリーム」の広場で報道陣に公開された。 携帯電話大手NTTドコモが開発。自転車に3Dプリンタ …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
CI、VI、BIの違いとは?
CI、VI、BIの違いとは?
4月 25, 2018 に投稿された
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
5月 16, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸