話題の事例紹介

数字では測れないガンダムブランドの影響力

投稿日:2019年8月8日 更新日:

2019年でテレビ放送開始から40周年を迎えたアニメ「機動戦士ガンダム」。その存在感は長らく不動だったが、ファン層の高齢化などで「稼ぐ力」に陰りも見える。ガンダムと二人三脚で成長してきたバンダイナムコホールディングス(HD)は「ガンダムの次」を模索するが、先は見えない。君は生き延びることができるか――。

「ガンダム関連のIP(知的財産)売上高は683億円…ドラゴンボールは979億円」――。17年度末。バンダイナムコの決算を報告する会議で担当役員が数字を読み上げると、役員が居並ぶ会議室に緊張が走った。これまでIP売上高首位に君臨してきたガンダムが、ついにその座をドラゴンボールに明け渡したことが、決算で明確になったからだ。

「これまでの報告でもわかっていたが、あらためて数字になると…」。ある役員はこう感想を述べた。

日本経済新聞 2019/7/19
「ガンダム」40歳、次の主役を模索 バンナムHD

40年、幾星霜が流れたのだ。人気に陰りが見えてきたことよりも、いかに長く愛され続けてきたかを評価すべきではないか。

1979年の放送開始から現在にいたるまでその時代の子どもたちのみならず大人たちをも魅了し続けてきたロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』。かつては「子ども向け」とされてきたテレビアニメというメディアに大人の観賞にも耐えうる重厚なストーリーを持ち込んだ手法は、後の日本アニメに多大な影響を与えてきた。

お台場にそびえる巨大ガンダム像に集まる外国人観光客の姿を見れば、単なるアニメ作品の域を超越した文化的コンテンツと言っても過言ではない。誕生から90年を経たディズニーが世界中の人々を魅了し続けているように、日本のアニメが愛され続ける限り「ガンダム」ブランドは決して色あせることはないだろう。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ 

関連記事

Jリーグ「町田ゼルビア」、紛糾した改称騒動に仮決着

J2のFC町田ゼルビアオーナーの親会社サイバーエージェントの藤田晋社長は、11日のサポーターミーティングでチーム名を「FC町田トウキョウ」に改名すると発表した件に関し、18日、20年は名称、ロゴ含め現 …

アマゾンに後れをとる、日本の流通業。対抗するための処方箋は

アマゾンジャパンは6月20日、Amazonマーケットプレイスに出品する日本の中小企業の販売事業者の2018年流通総額は9000億円を超えたと発表した。 Amazonマーケットプレイスに出品する日本の中 …

いいちこ40年 記念麦焼酎発売へ

焼酎メーカーの三和酒類(宇佐市)は、麦焼酎「いいちこ」の発売40周年を記念し、40種類の原酒をブレンドした麦焼酎「iichiko 40」を4月上旬から全国の百貨店や酒店で発売する。 いいちこは、こうじ …

何が足りない? 魅力度44位「栃木県」

県の2019年度初めての「とちぎブランド力向上会議」が宇都宮市の県公館で開かれ、県が課題と位置付ける関西圏での情報発信などをめぐり、外部有識者らが意見を交わした。「食」にテーマを絞り込んだPRや、地道 …

ライザップブランドの本質的提供価値について

RIZAPグループは11月14日に2018年4~9月期(中間)決算を発表。IFRS(国際会計基準)の営業損益は88億円の赤字と前年同期の49億円の黒字から大幅に悪化した。同時に18年度通期の営業損益の …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~