ブララボの目

「737MAX」の失墜で、ボーイングは何を失ったのか?

投稿日:2019年8月1日 更新日:

米航空機大手ボーイングが24日発表した2019年4~6月期決算は、最終損益が29億4200万ドル(約3100億円)の赤字だった。新型機「737MAX」の墜落事故による出荷停止などで売上高が35%減少した。フライトの欠便に対する航空会社への補償費用も響いた。

前年同期は21億9600万ドルの黒字だった。四半期ベースの最終赤字は16年4~6月期以来。

737MAXは事故前までボーイングの商用機の受注の7割を占め、売上高の3割、営業利益の5割近くを稼ぐ主力機だった。同機の出荷停止に伴い、4~6月の引き渡しは90機と前年同期(194機)の半分以下に落ち込んだ。

日本経済新聞 2019/7/24
米ボーイング3100億円赤字 4~6月、主力機停止響く

どんなに長い年月をかけて築き上げてきた信頼も、それを失うのに要する時間はわずか一瞬だ。

ボーイング社の主力商品である「ボーイング737MAX」は、ボーイング社の受注の7割、売上高の3割を占めていた押しも押されぬ“売れ筋商品”だったが、相次ぐ事故によって生産中止に。一商品への不信が今や「ボーイング」ブランド全体に大きな影を落としている。

航空機メーカーのブランド価値を形成する最大の要素は何にも増して「安全性」であることは明白であり、この赤字転落のニュースは失われた信頼をあたかも具体的な数字で可視化しているようでもある。

なお、この一件で漁夫の利を得たのがライバルであるエアバス社。2023年ローンチの新型旅客機「A321XLR」に、世界中の航空会社から注文が殺到しているというからボーイング社からすればまさに泣きっ面に蜂となってしまった。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

-ブララボの目

関連記事

“不買騒動”で証明された崎陽軒ブランドへのリスペクト

NHKから国民を守る党の立花孝志党首は19日、東京・麹町のTOKYO MX前で、同局番組「5時に夢中!」でタレントのマツコ・デラックスさんから批判されたことに対する抗議活動を行った。番組のスポンサーで …

デミオは「マツダ2」へ。車名の統一を図るマツダの狙いは?

マツダは4日、主力車種「アテンザ」を一部改良し、海外で採用している「マツダ6」に改称して8月1日に発売すると発表した。小型車「デミオ」も近く「マツダ2」に改称する方針で、社名を冠した名称に統一し、ブラ …

お祭り屋台の定番商品が、お洒落に変身

イタリアンシェフが作るりんご飴専門店「キャンディ アップル(Candy apple)」の2号店が、2019年7月17日(水)より東京・自由が丘にオープン。 「キャンディ アップル」で提供するのは、イタ …

「フルラ」も追従。ファッション界におけるロゴのサンセリフ化は何を示すか?

「フルラ(FURLA)」が、ブランドロゴを一新した。新ロゴは2019年秋冬シーズンの広告ヴィジュアルから使われる予定。 新ロゴのフォントは、文字の端に装飾されるセリフがない書体「サンセリフ体」を使用し …

若者は三田より駿河台を目指す? 変わりゆく明治大学の現在地

リクルート進学総研は7月17日、高校生に聞いた大学ブランドランキング「進学ブランド力調査2019」の結果を発表した。調査は今年4月に実施し、関東・東海・関西各エリアの高校に通っている2020年3月卒業 …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
5月 16, 2018 に投稿された
CI、VI、BIの違いとは?
CI、VI、BIの違いとは?
4月 25, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸