話題の事例紹介

投票日は臨時休業。環境企業の先駆者・パタゴニアのビジョン

投稿日:2019年7月23日 更新日:

アウトドア衣料品メーカー「パタゴニア」の日本支社(横浜市)は、参院選の投開票日の21日、全国22の直営店すべてを臨時休業にする。投票へ行くよう従業員に促すとともに、顧客にも選挙について考えてもらうのがねらい。日本支社として初の試みという。

同社は、2016年の参院選、17年の衆院選に続き、「Vote Our Planet」のキャンペーンを展開。選挙や政治を軸に、社会のあり方などを話し合うトークイベントを開いている。臨時休業は、約470人いる正社員やパートの従業員らが、家族や友人らと参院選について議論するきっかけになればと決めたという。

朝日新聞 2019/7/11
パタゴニア、参院選投票日に休業 稼ぎ時でも「投票を」

環境保護活動に積極的な企業として知られるパタゴニア。その姿勢は「私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む」というミッション・ステートメントにおいても明確に定義されている。事実、2009年にはレジ袋のデポジット制を導入し、消費者へ「マイバッグ」の持参を促すスタイルを確立。また、売上の1%を環境保全団体に寄付するなど、近年のスローガンばかりが先行して中身が伴わない“ビジネス・エコ”とは一線を画す力強さがある。

ニュースが報じる参議院選挙投票日の全店閉店も、そんなパタゴニアの環境活動の一環。これは、“社員の政治参加(投票)をもってして、環境問題へ向き合う”という企業としての明確なメッセージだ。

大量消費社会が行き詰まりを見せ持続可能な社会づくりの模索が始まるなか、パタゴニアの先駆者としての存在感はさらなる高まりを見せそうだ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

今治タオルのブランド進化

今治タオル専門店「伊織」は12月5日、「東急プラザ渋谷」にオープンする。12月3日マスコミ向け内覧会を開催した。 東急プラザ渋谷のコンセプトである「大人をたのしめる渋谷へ」を受け、店舗コンセプトを「お …

コロナ禍で問われる売り手の想像力~巣ごもり消費の金脈を探せ~

consumption from staying at home 新型コロナウイルス感染拡大にともなう外出自粛の流れを受けて、「巣ごもり消費」と呼ばれる在宅生活ならではの消費が鮮明になってきました。各 …

いいちこ40年 記念麦焼酎発売へ

焼酎メーカーの三和酒類(宇佐市)は、麦焼酎「いいちこ」の発売40周年を記念し、40種類の原酒をブレンドした麦焼酎「iichiko 40」を4月上旬から全国の百貨店や酒店で発売する。 いいちこは、こうじ …

MADE IN JAPANキャビアの勝算は?

宮崎市で国産キャビアの養殖・製造を行う「ジャパンキャビア」が4月、対米HACCP(対米輸出水産食品加工施設)に認定され、対米・ラスベガス輸出を5月に開始した。 対米輸出について坂元基雄社長は「アメリカ …

京アニ放火の衝撃

京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで起きた放火事件を受け、海外でも犠牲者を悼み、支援する動きが出ている。米アニメ配給会社「センタイフィルムワークス」は、支援金を募るためにインターネ …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~