ブララボの目

不便・不安・不満をシェアして、認知度を上げる?

投稿日:2019年7月19日 更新日:

◆飛行機での子連れ旅行、親の6割超が「不安を感じた」

オンライン旅行エージェントのエアトリは7月3日、「子連れ旅行」に関する調査結果を発表した。調査対象となった20代~70代の男女748人のうち、子どもがいる人に「旅行をためらった経験があるか 」を聞くと、約半数の47.1%が「ある」と回答。また、「子連れのため、旅行中に不快な思いをしたことがある」と答えた人は、23.5%だった。

さらに、子連れ旅行をためらった経験を持つ人に対し、「どのようなシーンで不安を感じたか」を質問した。1位は「飛行機移動」(65.3%)で、2位の「電車移動」(28.2%)、3位の「現地レストラン」(23.5%)を大きく引き離した。飛行機は密室空間に加え、乗り降りの手続きが電車に比べて楽ではない。一度乗ると簡単には降りられず、その場でどうにかしければならないため、親が感じるプレッシャーは強い。

(中略)

◆知られていないサービス、1位は?

このように身構えてしまいがちな飛行機移動だが、実は航空会社は子連れ客のフライトをサポートするさまざまなサービスを提供している。しかし、それらはあまり知られていないケースが多い。

エアトリが調べたところ、最も知られていないサービスは「授乳カーテンがついた座席の用意」(79.3%)だった。授乳ケープは役に立つが、知らない人と比較的密着した機内の授乳には抵抗がある。カーテンがあれば即席の個室をつくりだせるので、乳幼児を連れた女性にとってはプライバシーが守られるので嬉しい。

(中略)

今年の夏に旅行や帰省で飛行機に乗る予定の方は、便利なサービスを使って楽しいフライトを過ごしてはどうだろうか。

ライブドアニュース 2019/ 7/7
「夏休み目前!子連れでの飛行機移動をサポートする
“意外と知られていない”サービス」

飛行機を利用する上で、親の6割超が子連れ旅行に「連れて行くのが不安」という実態がエアトリのアンケート結果で明らかになった。各航空会社は子連れ客向けの多様なサービスを用意しているが、十分には浸透していないものもある。そこでエアトリは今回のアンケート結果とともに、同時にそれらの不安を払しょくするサービスとアドバイスをリリースしたそうだ。

今年のお盆休みは最大9連休が予測されている。エアトリのリリースには、この長期休暇に飛行機の利用を促す狙いがあるのだろう。今回のリリースは「知られていないサービス」の認知させることで、旅行の移動手段として飛行機を選択する際の心理的ハードルを下げていると考えられる。

引用した1位のサービスの他にも、「座席指定時の幼児マーク表示」、「チャイルドシート持ち込みの受け入れ」など複数のサービスが70%以上の数値で「知られていないサービス」にランクインしている。

このリリースからは、これらのサービスが的確に顧客の不便・不安・不満の事実を把握したうえで、それを解消する手段として設計、提供されていることがわかる。それだけに、サービスが知られていなかったというアンケート結果は残念だ。

日本のあらゆる産業は、機能の良さ、品質の良さを磨き上げ、優れたものを作り上げてきたが、「機能的価値」があふれてきて差がなくなっている。「機能的価値」だけを追求すると価格競争に陥ってしまう。とすると、情緒的価値を訴求するか、あるいは主要な機能に付帯するその他の部分、たとえばサービスで差別化を図るほかない。しかし、それだけでは十分ではない。新たな価値やサービスを作るだけではなく、告知する努力を怠ってはならないことを、エアトリのリリースは示唆している。

こう考えて来ると、このリリースの構成は実に良く練られており、気が利いていると思われてくる。単純に「うちにはこんなサービスがある」と主張するだけではなく、アンケート結果も示すことで、それらのサービスが顧客のニーズに合致していることを鮮やかに示している。

 

はやま 紺(はやま こん)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 1級資格取得者 
紺デザイン ブランド・クリエイター
シンプルな思考で発想を転換、価値を伝えられないとあきらめていた起業家に価値の発掘、言語化、ビジュアル化を展開し課題解決をサポートしています。「世界観を形につながりたい人とつながるブランディング」を支援中。

http://kon-design.com/

-ブララボの目

関連記事

“脱モテ路線”へ舵を切るサマンサタバサ。その背景とは?

2019-20年秋冬からリブランディングを開始した 「サマンサタバサ(SAMANTHA THAVASA)」は、最新の広告ビジュアルを発表した。 (中略) 19年秋の第1弾のビジュアルでは、“ネオ マス …

札幌不動産店での爆発事故に見る、ブランドの影響

札幌市豊平区で16日夜、42人が重軽傷を負った爆発事故で、発生元とされる不動産店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」の佐藤大生社長は18日、記者会見し、2日後の店の改装に備え、未使用の消臭ス …

銀座ルノアールの“脱おじさん化”は吉と出るか

  サラリーマンがタバコを吸いながら、長時間休憩や商談で利用する喫茶店――。都心の駅前などに店舗を構える「喫茶室ルノアール」に対して、このようなイメージを持つ人は多いだろう。だが、その印象か …

シティホテルの「ハーゲンダッツフェア」 親しみやすいハイエンドホテルへ

画像引用:https://www.hankyu-hotel.com 大阪・梅田にあるホテル阪急インターナショナル内のレストランとバー2店舗で、「ハーゲンダッツフェア第3弾」を実施。3回目の今企画のため …

ローカル起点のローカル商品が、ブランド化していくためのマーケティング戦略

エースコックから、「シュリンプヌードル」「カレーヌードル」「煮干しヌードル」が、2019年5月20日(月)より、東北エリア中心(スーパー、コンビニ等)で、リニューアル発売になります。 「シュリンプヌー …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
CI、VI、BIの違いとは?
CI、VI、BIの違いとは?
4月 25, 2018 に投稿された
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
5月 16, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸