ブララボの目

シティホテルの「ハーゲンダッツフェア」 親しみやすいハイエンドホテルへ

投稿日:2019年7月12日 更新日:

画像引用:https://www.hankyu-hotel.com

大阪・梅田にあるホテル阪急インターナショナル内のレストランとバー2店舗で、「ハーゲンダッツフェア第3弾」を実施。3回目の今企画のため、ハーゲンダッツの人気フレーバー「グリーンティー」を使ったスイーツやカクテルの特別メニューが考案されました。

ホテル阪急インターナショナルの25階にあるレストラン&スカイバンケット「ソラメンテ」では、ランチコース「Lienリアン」のデザートに、ハーゲンダッツのグリーンティーフレーバーを利用したメニューが登場。

(中略)

2階バー「ケレス」では、ハーゲンダッツアイスを使ったカクテル「朱夏(しゅか)の奏(かなで)」を提供。抹茶と甘酒を層にしたカクテルに、ハーゲンダッツアイスのグリーンティー味をトッピング。

TABIZIN 2019/6/29
ハーゲンダッツフェア第3弾はグリーンティー味「はんなり、抹茶フェア」

「リピーターを飽きさせないため」、あるいは「新規ファンの獲得」といった目標を掲げたとき、コラボレーションは効果的な手法だ。しかし、そこで注意しなければならないのが「ブランド毀損」ーすなわち、ブランドイメージを損なわないようにすることである。

たとえばホテルやレストランの中には、「高級感」を売りにしている所もある。一方で提携するパートナーは消費者にとって身近なものであるほど、共感を得やすい。これらを同時に満たすものを考えたとき、「ハーゲンダッツフェア」はコラボレーションとして妥当といえる。ハーゲンダッツなら宿泊客の期待を失うことなく共感を得ることが可能だろう。

これが仮に、安価なアイスでお馴染みの「ガリガリ君」だった場合どうなるか? 庶民的で親しみやすいが、シティホテルには似つかわしくない。大衆酒場ならともかく、ブランド毀損は免れないはずだ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

 

-ブララボの目

関連記事

タレントの“SNSをしない”選択、少数派が奏功? ブランディングとしての役割に変化

“Twitterの日本開設から早10年。Instagramなども含めたSNSは一般人のみならず、タレントが自己発信のツールとして活用するのも“通常営業”となった。また、SNSがタレントの浮沈のカギを握 …

ダイソー/コーポレート・アイデンティティ刷新、新ロゴ発表

大創産業は3月5日、新社長就任から1年にあたる2019年3月に、企業としてのブランド価値をより世界に向けて拡げていくために、CI(コーポレート・アイデンティティ)とロゴを刷新すると発表した。 新しいコ …

鳥取の魅力を伝えるイベント。新宿のビームスジャパンで開催

国内外の衣料や雑貨を扱うセレクトショップ「BEAMS(ビームス)」が、民工芸品の展示販売を通じて鳥取県の魅力を発信するイベント「BEAMS EYE TOTTORI(ビームス アイ トットリ)」を東京都 …

高い?安い? ネーミングライツの値段

京都市は、西京極総合運動公園陸上競技場(右京区)に命名権(ネーミングライツ)を導入する。年間4千万円以上の収入を見込み、公園の管理運営費に充てる。 陸上競技場は1周400メートルのコースと天然芝の球技 …

無印良品のファミマ撤退に見る、ブランドイメージの変化とその影響

ファミリーマートの売り場から、無印良品の商品がなくなってしまうことになりました。無印良品を展開する良品計画によれば、2019年1月28日付でファミマへの無印良品の商品供給を終えたということです。現在フ …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
7月 4, 2018 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
1月 17, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸