ブララボの目

アマゾンに後れをとる、日本の流通業。対抗するための処方箋は

投稿日:2019年7月9日 更新日:

アマゾンジャパンは6月20日、Amazonマーケットプレイスに出品する日本の中小企業の販売事業者の2018年流通総額は9000億円を超えたと発表した。

Amazonマーケットプレイスに出品する日本の中小企業の販売事業者の販売状況をまとめた「2019年中小企業インパクトレポート」を発表したもの。

中小企業の販売事業者は15万社以上で、2018年に1分あたり約600個の商品を販売した
販売事業者の拠点がある県で、アマゾンでの成長率が最も高いのは、島根県となった。

世界でみると、主に中小企業による売上で構成されている販売事業者のAmazonでの流通総額は、2018年に1600億米ドルを超え、販売事業者様による商品販売数は、Amazonで販売されている商品の半数以上を占めた。

2018年、Amazonで100万米ドルの売上を達成している中小企業数は20%増加したという。

流通ニュース 2019/6/21
アマゾン/2018年の中小企業の流通総額9000億円を超える

アマゾンは、日本に進出してから取り扱い商品を徐々に拡大させ、現在では本以外の雑貨から家電や食品まで、幅広く商品を取り揃えている。その中でも個性的な商品が、アマゾンマーケットプレイスの出店商品だ。

アマゾンマーケットプレイスは、アマゾンが企業と個人の販売仲介をするサービスの一つだが、一般的には知名度の低い中小企業も数多く出店し、NBを超える個性的かつ高機能な商品や、コストパフォーマンスが非常に高い商品も複数散見される。インターネット上の仮想商店は、棚割りスペースの制約もないため、ロングテール商品の販売も可能であり、なおかつ全国・世界に向けて販売が可能になる。つまり、低コストで販促や拡販が可能なプラットフォームを、アマゾンが各企業へ提供しているのである。

このように豊富な商品構成と、選択する楽しみを顧客に提供することで、顧客とアマゾンの関係性を深め、より利用頻度を高めていくことが可能になる。そして、その顧客に対して積極的な商品開発とアピールを行うことで、中小企業が努力次第で売上を拡大させることが可能となる。結果としてアマゾンの収益にもつながるという、バリューチェーンが生まれている。

それに対し日本の流通業は苦戦が続いている。年々縮小する売上を、相互に奪い合って熾烈な競争を続けていくうちに、企業体力を弱らせてしまい、結果として経営統合などによって市場の寡占化が進んだ。寡占化した市場は敬遠され、最終的に顧客が離れるなどの反作用が発生している。

ただし、アマゾンにも弱点はある。販促のプラットフォームは提供しているが、無名な中小企業の発掘・育成能力については、まだ完成されていないというところだ。ここに、日本の流通業が対抗できる余地がある。

無名の中小企業を中長期的視点で育成し、強みをもつ企業に育て上げ、自社の独自資源に変えていくことは、かつての日本企業の得意技だった。現在は、それが失われて久しい。現在売れている商品や、これから確実に売れることが見込まれる企業の商品の流通を行うだけでは、日本の流通業の存在価値が無くなってしまう。アマゾンと双璧を成す、日本の未来を担う流通業の誕生が期待される。

 

武川 憲(たけかわ けん)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 シニアコンサルタント・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ シニアコンサルタント
MBA:修士(経営管理)、経営士、特許庁・INPIT認定ブランド専門家(全国)
嘉悦大学 外部講師

経営戦略の組み立てを軸とした経営企画や新規事業開発、ビジネス・モデル開発に長年従事。国内外20強のブランド・マネジメントやライセンス事業に携わってきた。現在、嘉悦大学大学院(ビジネス創造研究科)博士後期課程在学中で、実務家と学生2足のわらじで活躍。
https://www.is-assoc.co.jp/branding_column/

 

-ブララボの目

関連記事

高い?安い? ネーミングライツの値段

京都市は、西京極総合運動公園陸上競技場(右京区)に命名権(ネーミングライツ)を導入する。年間4千万円以上の収入を見込み、公園の管理運営費に充てる。 陸上競技場は1周400メートルのコースと天然芝の球技 …

「DJしんじょう君」のフェスが好評 高知の地域ブランディング

今年1月に「DJしんじょう君」の本格始動を宣言してから初となるイベント「しんじょう君のスキヤキ高知!フェスティバル」のチケットが完売続出となる人気ぶりとなっている。 4月13日(土)に大阪府住之江区の …

デミオは「マツダ2」へ。車名の統一を図るマツダの狙いは?

マツダは4日、主力車種「アテンザ」を一部改良し、海外で採用している「マツダ6」に改称して8月1日に発売すると発表した。小型車「デミオ」も近く「マツダ2」に改称する方針で、社名を冠した名称に統一し、ブラ …

プリンスホテル 次世代型宿泊特化ホテルはスマホゲームの世界に

西武グループのプリンスホテル(東京都豊島区)は6日、同区東池袋のサンシャインシティプリンスホテルの25階フロア全体を、人気のスマートフォンゲーム「FATE/GRAND ORDER(フェイトグランドオー …

ムーミン×テーマ―パークのポテンシャル

3月16日、ムーミン物語(埼玉県飯能市)が運営する「ムーミンバレーパーク」が埼玉県飯能市にオープン。春休みに入り、家族連れやムーミンファン、インバウンド客など大勢の観光客が押しかけている。 同パークは …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
7月 4, 2018 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
1月 17, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸