話題の事例紹介

スーパー総選挙3連覇「オーケー」。その“看板”はファンによって磨かれる

投稿日:

「あなたにとって最高のスーパーはどのお店ですか?」

TBSラジオの生活情報番組「ジェーン・スー 生活は踊る」が主催した「スーパー総選挙」。今年で第3回を迎えた。リスナーイチオシのスーパーをメールとHPの投票フォームで募集。投票期間6/1~6/20、6/21のオンエアでその最終結果が発表された。投票総数は前回から大きく増え6007票。エントリーしたスーパーは333社。TBSラジオの放送地域である首都圏を中心に多種多様なスーパーが登場した。

集計の結果、「オーケー」が見事3連覇。2位のライフにダブルスコア以上の差をつけ、全体の4分の1となる票数を獲得。圧倒的な強さを見せつけた。

エキサイトニュース 2019/6/21 オーケーが3連覇!
「第3回スーパーマーケット総選挙」結果発表

売上高ではイオン、セブン&アイホールディングスが不動の2トップを形成するスーパーマーケット市場だが、消費者の支持は必ずしもそれに比例しない。

TBSラジオ「ジェーン・スー生活が踊る」番組内で実施された「スーパー総選挙」は、全国のリスナーが自分の一番好きなスーパーに1票を投じ人気を競うランキング。1位のオーケー(オーケー株式会社)は、“Everyday Low Price(毎日が特売)”を標榜する中堅スーパーだが、その店舗は東京、神奈川、千葉、埼玉、宮城のみ。にもかかわらず同ランキングでは3年連続1位に輝いているということは、いかに熱心な“ファン”が多いかを物語る。

ブランディングに対してアクティブではない企業でも、ひたすら己の美学(強み)を貫きつづければ、自ずとブランディングは達成される――オーケーへの高い評価はそんな商売の核心を見事に突いている。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

100万人都市が取り組む、新しい街のイメージ

(前略) スポーツは単なる体育の延長ではなく、経済の活性化、環境改善、観光の魅力向上、文化の醸成につながる力を持っていると話し、「スポーツの力」を活用したさいたま市のコミュニティの再生にも期待を寄せる …

地域ブランドも選別の時代へ

東証1部上場の不動産業「東京楽天地」は、東京・浅草で運営する商業施設の「まるごとにっぽん」について、2020年11月で営業を終了すると発表しました。 2015年12月に開業した「まるごとにっぽん」は、 …

ブランド米の乱立 「2018年産米の食味ランキング」

(前略)今回の審査結果では、「特A」を獲得した地方ブランド米の数は、過去最高の55(昨年比+12増)となりました。実は現在、国内ではブランド米競争が熾烈を極めています。 この背景には、政府が長年にわた …

ローカル起点のローカル商品が、ブランド化していくためのマーケティング戦略

エースコックから、「シュリンプヌードル」「カレーヌードル」「煮干しヌードル」が、2019年5月20日(月)より、東北エリア中心(スーパー、コンビニ等)で、リニューアル発売になります。 「シュリンプヌー …

フードデリバリー系強し。ブランド力は時代を映す鏡?

データ分析企業のモーニング・コンサルト(Morning Consult)は、2019年に急成長を遂げたブランドを調査し、12月5日(現地時間)にレポートを公開。Z世代、ミレニアル世代(1981年から1 …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜