ブランディング応用

チームブランディングのススメ 組織を強くしブランドを伝える

投稿日:2015年10月8日 更新日:

いかなる企業においても、課題のない企業はないでしょう。

「従業員が自ら進んで仕事をしてくれない」
「職場の連帯感が薄い」
「社内のコミュニケーションが足りない」
「顧客に対し自社の価値をうまく伝えられていない」

など、業種や事業規模によってその内容も様々です。そのような課題を克服するための一つの切り口として挙げられるのが「チームブランディング」です。
今回は、チームブランディングが組織に対し果たす役割について紹介します。

チームブランディングとはインターナルブランディングの一環

社内でブランドの価値観を共有するインターナルブランディング

そもそも、企業が自社の商品・サービスや自社自身をブランド構築しようとした場合、消費者・顧客や取引先など、企業の外に向かって行うだけでは不十分です。
ブランド構築は経営幹部はもちろん、企業で働くすべての従業員においてできていなければなりません。従業員一人ひとりが自社の商品・サービス、自社自身についてしっかりブランドを意識し動くことで、品質管理や顧客対応が可能になるのです。

このように社内でブランドの価値観を共有し、社員の意識や行動をブランドの方向性と合わせていこうという取り組みをインターナルブランディングといいます。逆に一般的な消費者・顧客など社外に対するブランディングをエクスターナルブランディングといいます。

branding_061

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

チームブランディングとは

このインターナルブランディングの一環として考えられるのがチームブランディングです。 一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会では

「チームブランディング」とは、「ブランディング」×「チームビルディング」を組み合わせた造語です。

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

と定義しています。企業や商品・サービスのブランド構築を行うプロセスと、強いチーム作りのプロセスを同時に行うことを指します。

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

チームブランディングと通常のブランド構築との違い

通常、ブランド構築は一部の関係者や外部の専門家が行い、ブランドとして作り上げたものを現場の社員に伝え浸透させていきます。
一方、チームブランディングでは、現場の社員がチームとなってブランド構築段階から関わり、自分達で考えブランドを作り上げていきます。 これにより「自分たちのブランド」という意識が生まれ、ブランドと社員との一体感が高まっていくのです。

こういったことから、チームブランディングはインターナルブランディングの一環として位置づけることができます。

チームブランディングの目的

チームブランディングの目的は以下のようなものが挙げられます。

  • 市況に左右されないブランドをチームで作ること
  • チーム全員が経営戦略を理解し、目標に向かってともに歩んでいけること
  • チーム全員が経営戦略、経営目標を意識して働ける環境、風土をつくること
  • チーム全員で業務品質を高めること
  • 企業姿勢・存在価値・企業価値を見えるカタチにすること
  • 自社をこよなく信頼してくれるファンをつくること

このような様々な目的に対し、部門間の垣根を超えて連携し、優れた商品やサービスを生み出すことをチーム一丸で行うのがチームブランディングです。

チームブランディングを実践した結果

結果として、お客様に価値ある商品・サービスを提供し、選ばれ続けることが可能になります。チームブランディングでは、チームに「答え」を与えるのではなく、グループワークを通して自分たちで考え、自由に意見を交換し合い、「自社の価値感」や「お客様、スタッフの価値観」を深く理解し、共通点を発見していきます。

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

チームブランディングに関わる人とは?

チームブランディングを行うにあたって、実際にどのような人が関わり、どのような役割で参加すればいいのでしょうか? 中小企業においては、さまざまな役割を一人の人が兼務していることが多いため、3つの視点に分けて考えるといいでしょう。

第1、ブランド価値を創出する人
製品開発、生産・製造などを担当する人が挙げられます。これらの人はブランド価値を生み出す源である「商品力」を生み出す役割があります。

第2、ブランド価値を伝達する人
広告、宣伝、マーケティング、営業などがそれにあたります。生み出されたブランド価値を消費者・顧客、ビジネスパートナー、マスコミなど外部に迅速かつ的確に伝え、興味を喚起し、購買を促す役割を担っています。

第3、インフラに関わる人
人事部門や社員を教育する人です。全従業員がブランドへの信頼感、安心感、活力を持って仕事に挑み、ブランドのために働けるようにするため、企業の中核となる基盤としての役割を果たします。

(出典:同文館出版 「社員をホンキにさせるブランド構築法」)

チームブランディングは上記のような人たちをチームメンバーとし、部門間を超えた社内プロジェクトとして行うようにします。こうして従業員自らが考えブランディングを行うことで組織としての一体感が生まれ、社外に対しても企業価値(=ブランド)を伝えることが可能になるのです。
もし自社に何らかの課題を抱えているなら、一度チームブランディングを実践してみるのはいかがでしょうか?

-ブランディング応用

関連記事

老夫婦

終活ビジネスで新たな市場を開拓!「イオンのお葬式」が独自のサービスでブランドを確立できた理由とは?

ここ数年、よく耳にするようになった「終活」。いわゆる「人生の終わりのための活動」のことを言い、生きているうちに自分の葬儀の準備などを行う高齢者が、年々増加しています。終活に早くから注目して、終活ビジネ …

ブランド野菜の地域ブランディング~嬬恋村のブランドキャベツ~

キャベツで有名な嬬恋村で、今年も話題のレースが開催されます。 今年も“キャベツ感”がスゴい!毎年話題の参加賞、遂に公開! 「嬬恋キャベツヒルクライム2019」参加者募集中 8月2日まで サンケイスポー …

RIZAPのブランド価値向上経営への挑戦 のれん代とブランド価値

前期まで急成長を続けてきたRIZAPが、2019年度決算を発表しました。 ライザップ決算、193億円の赤字。膨れ上がったグループ企業の”ダイエット”は最小限にとどまる 個別指導のトレーニングジムなどを …

夏は、カルピス。そのブランドの役割と変遷。 ロングセラー商品の機能進化

夏の定番商品といえば、カルピスだったという時代があります。おそらく、現在30代以降の年齢の方であれば、そのような時代を過ごした人も多いのではないでしょうか。 夏の暑い昼下がりに、原液を薄めたカルピスに …

4p

成功例でわかる!マーケティングミックス(4P/4C)とは

マーケティングを行う際の最も基本的な戦略として、マーケティングミックスという考え方が1960年代に登場しました。マーケティングミックスとは、製品・サービスを売るための、マーケティング要素の組み合わせ( …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
CI、VI、BIの違いとは?
CI、VI、BIの違いとは?
4月 25, 2018 に投稿された
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
5月 16, 2018 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸