Case Study

ビジネスモデルは俺流ではない!? 流行に終わらなかった「俺のイタリアン」が守る「鉄の法則」

投稿日:2018年4月6日 更新日:

イタリアン

ミシュラン星付き店顔負けの食材と料理人を駆使したイタリア料理が、3000円でおつりがくるくらいの値段で食べられる「俺のイタリアン」。不況真っ只中の2011年9月21日、新橋に1号店をオープンすると大きな話題となり、2時間待ちの行列ができるほどのブームとなりました。ブームが去った後も業績を伸ばし、現在「俺のイタリアン/俺のフレンチ」は19店舗まで拡大しています。あらためて成功の理由を考えてみましょう。

両極を組み合わせた「俺のイタリアン」

成功の理由の1つは、「両極の組み合わせ」です。
新業態の考案にあたって坂本孝社長と幹部がひらめいたのは、不況時にも繁盛していた「立ち飲み居酒屋」と、「ミシュラン星付きレストランで修行した凄腕シェフを迎えた店」の両方をくっつけた業態でした。単価3000円で高級レストランが提供するような料理が食べられることを可能にしたのは「立ち飲みスタイル」にあります。

テーブル席を設けず、ほぼ立食のスタイルにしたことから、客回転率が高まり、高いフード原価率でも利益が出せるビジネスモデルを確立しました。「立ち飲み高級イタリアン」は消費者へのインパクトの面からも、オペレーション効率の面からも、成功のカギとなりました。

両極端の共存という意味では、ネーミングもそうです。おしゃれなイメージがあり、実際横文字の多いイタリアン/フレンチ料理業界の中で、日本語であり、無骨な印象を与える「俺の」という言葉を加えたネーミングは、他のレストランからも差別化でき、敷居も低くなりました。

ミシュラン店とサイゼリヤの中間にポジショニング

ポジショニング
斬新なインパクトを与えた「俺のイタリアン」。しかし調べていくと、オペレーション効率の面からは、「中庸」のポジショニングを取っていることが分かります。

確かにミシュラン星付きレストランに比べれば、一人当たりの予算約3000円というのは激安価格です。しかし上には上がいます。イタリアン・ファミレスチェーンの「サイゼリヤ」はその代表です。サイゼリヤはパスタは300~400円台、グラスワインは100円です。おそらく客単価は「俺のイタリアン」の約半分ほど。

回転率と客単価を両軸としたマトリクスに、ミシュラン店、俺のイタリアン、サイゼリヤのポジショニングをマッピングしてみました。ミシュラン店は客回転率が1を割ることもありますが、客単価は3万円を超える店も多いです。

一方ファミレスのサイゼリヤはその反対で、一日の客回転率は非常に高い一方、価格は非常に安い。「俺のイタリアン」はその真ん中ほどのポジショニングだと言えます。

実は飲食ビジネスの鉄則に従っている

一般的に考えると、一定の収益を挙げる店は、客単価と客回転率はトレードオフになります。客単価が高ければ客回転率は低く、客単価が低ければ客回転率は高い。そして「俺のイタリアン」のように、客単価が中程度ならば客回転率も中程度でなければ儲かりません。そう考えると、「俺のイタリアン」がブームで終わらなかった理由は、飲食ビジネスの鉄則に徹したことです。

同様に立ち飲みスタイルをステーキ店に持ち込んだ「いきなり!ステーキ」も、リブロースステーキ 300グラム 2070円と、ファミリーレストランに比べて決して安くはありません。一見派手なビジネスモデルでも、しっかり利益が挙げられる「仕組み」が確立されているのです。

関連記事

老夫婦

終活ビジネスで新たな市場を開拓!「イオンのお葬式」が独自のサービスでブランドを確立できた理由とは?

ここ数年、よく耳にするようになった「終活」。いわゆる「人生の終わりのための活動」のことを言い、生きているうちに自分の葬儀の準備などを行う高齢者が、年々増加しています。終活に早くから注目して、終活ビジネ …

オンデーズの店舗イメージ

「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜

(出典:https://www.owndays.com/ph/en/shop/detail/302/)   「メガネ業界のZARA」を目指し、ファッション性の高いメガネを低価格で提供している …

夏は、カルピス。そのブランドの役割と変遷。 ロングセラー商品の機能進化

夏の定番商品といえば、カルピスだったという時代があります。おそらく、現在30代以降の年齢の方であれば、そのような時代を過ごした人も多いのではないでしょうか。 夏の暑い昼下がりに、原液を薄めたカルピスに …

ブランド野菜の地域ブランディング~嬬恋村のブランドキャベツ~

キャベツで有名な嬬恋村で、今年も話題のレースが開催されます。 今年も“キャベツ感”がスゴい!毎年話題の参加賞、遂に公開! 「嬬恋キャベツヒルクライム2019」参加者募集中 8月2日まで サンケイスポー …

ローカル線は廃線の道を辿るしかないのか?銚子鉄道から学ぶ、弱者の生き残りマーケティング戦略

地域経済の足となってきたローカル線ですが、一時的なローカル線ブームも落ち着き、人口減少に伴う利用者不足の影響により、廃線となる路線が再び増えてきています。 石勝線夕張支線が126年と5か月の歴史に幕… …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
4p
成功例でわかる!マーケティングミックス(4P/4C)とは