Branding Method

ブランディングのヒント〜生産設備の見せ方〜

投稿日:2018年3月14日 更新日:

印刷機

中小製造会社の会社案内などでは専門用語が飛び交い、業界以外の人にメッセージが伝わらないことが多くあります。今回は製造会社のブランディングについて一例を示します。

生産設備の「見せ方」が問題

「モノづくりからコトづくりへ」とよく言われるようになりました。その背景にはプロダクトアウト(製品主体)からマーケットイン(消費者主体)へと市場が変化していることが挙げられます。では製造においてブランディングは必要ないのかというと、一概にそうとは言えません。

かつて中小製造業の企業サイトや会社案内は、生産設備の名前が羅列しているものが多かったと思います。近年それでは顧客のソリューションには応えられないので、営業やソリューションの項目を前面に出し、生産設備の名前の羅列はやめるべきだという指摘も多いです。
では、生産設備を前面に出すのが、今のマーケティングにおいて無効なのかというと、そうではありません。生産設備の「見せ方」が問題なのです。

業界用語をなるべく使わない

生産設備の「見せ方」について、例えば印刷会社に話を絞ってみましょう。

沿革に

「2017年4月、ハイデルベルグ社製菊全LED-UV8色機『SpeedmasterXL106–8–P 18K』を導入」

と書かれていれば、同業者は「おお、すごいな」と感心されるかもしれませんが、印刷機のことを知らない顧客にとっては何のことかさっぱり分かりません。
そうではなくあえてサイトのトップページに

「ドイツの世界的印刷機メーカー・ハイデルベルグ社より最新鋭印刷機を導入。両面カラー印刷も最新乾燥システムで素早く仕上げ」

と書けば、印刷機のことを知らない顧客も関心を持つかもしれません。ハイデルベルグ社の印刷機はとても洗練されたデザインで知られているので、「機械の画像」を前面に出すのもいいでしょう。

ハイデルベルグ社の印刷機

ハイデルベルグ社の印刷機

思い切って設備の価格を公表するのもいいかもしれません。なぜなら一般の顧客の中には印刷機を、数百万円か、せいぜい1000万円程度だと思っている人も多いからです。2〜3億円する印刷機を導入したことを顧客に示せば、企業規模や設備投資、印刷物の価格についても理解が得られるかもしれません。

「CIP3によるインキキーのプリセットを実現」

と書いてもよく分かりません。そんな時は、動画を用いて、機械が自動化していて、オペレーターの微調整だけで簡単に色合わせができる様子を紹介すると良いと思います。パーフォレーター、シーター、グルアーなどの専門用語は、「ミシン目を入れる機械」「シート状に成形する機械」「糊付けする機械」と説明してあげるのも有効です。

現場立ち合いなども積極的に

ただし、専門用語は必要ないとは言えません。なぜなら、同業者や仕入れ先、外注先などのステークホルダーにも、自社を説明する必要があるからです。
モノづくりが自社の強みならば、モノづくりで徹底してブランディングして構わないと思います。生産現場に自信があるならば、工場見学や現場立ち合いなども積極的に行うと良いでしょう。

関連記事

ナイキの店

ブランドのベネフィット(便益)とは~「最強ブランド」ナイキから考える~

ブランド戦略論の大家デービッド・アーカーによると、ブランドのベネフィット(便益)には「機能的ベネフィット」「情緒的ベネフィット」「自己表現ベネフィット」「社会的ベネフィット」の4つがあります。この4つ …

セグメンテーションとターゲティング

ブランド構築における「セグメンテーション」と「ターゲティング」の考え方!

ブランディングや新商品の企画において、それを誰に買ってもらいたいか、当然のようにターゲットの設定をすることがあると思います。その際、ターゲットは広すぎても、最初から絞りすぎても正解ではありません。 そ …

ブランド

はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは

ブランド構築において、絶対に考えなければいけないブランド・アイデンティティ。ブランド・アイデンティティとは、自社のブランドを顧客にどう思ってほしいかを明確にしたもので、競合他社と差異化する役割を持って …

4p

成功例でわかる!マーケティングミックス(4P/4C)とは

マーケティングを行う際の最も基本的な戦略として、マーケティングミックスという考え方が1960年代に登場しました。マーケティングミックスとは、製品・サービスを売るための、マーケティング要素の組み合わせ( …

ブランド要素とは?コカ・コーラを見ればわかる9つの要素

ブランドがブランドたる所以は何でしょうか。強いブランドほどネーミングやロゴなど、そのブランドを構成する要素を意識的に打ち出しています。 今回は、ブランドを構成する最小単位であるブランド要素について、1 …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは