Case Study

コンビニ“ローソン”が繰り広げる新しいブランド連想 ―カフェと書店とステイホーム【後編】

投稿日:

 

ローソンが、今後は本屋携帯のコンビニエンスストアを展開していく予定であることと、その背景について前編にて解説を行いました。
後編では、ローソンが本屋を展開するにあたり、他の競合企業よりも有利な点について解説していきたいと思います。

本屋との相性が良い業態とは、何でしょうか?

東京の神保町は、本屋が沢山あります。
この地域を散策すると、古書から新刊本まで非常に沢山の本を購入することが可能です。

そんな神保町で欠かせないお店が、カフェや喫茶店です。
老舗の喫茶店から、チェーンストア系のカフェ、個性的な個人店のカフェまで、幅広いお店がこの地域には集合しています。

最近ではブックカフェとして、本屋とカフェが併設された店舗も多くなっています。それらのお店は人気店も多く、需要も高いようです。

そんな訳で、元々、本屋とカフェは相性がいいんですね。

 

ところでローソンを代表する人気商品は、何でしょうか?
それは、「ウチカフェ」(Uchi Café)シリーズのコンビニスイーツです。

 

(参照:株式会社ローソンウェブサイト)

 

実際に、インターネットでのアンケート調査でも、ローソンはコンビニスイーツとしての高い知名度と印象を誇っています。

【ローソン・セブン・ファミマなど】スイーツが一番おいしいと思う「コンビニ」はどこ?

(ねとらぼ調査隊 ホームページ 2021年6月10日配信記事)
https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/237485/vote_result/

 

つまり、

LAWSON = ウチカフェ = 本屋

という公式が成立しやすくなるという、好循環のブランド連想が行われやすくなっているのです。
この状況を3C分析で整理してみると、下記のようになります。

 

 

食品購入が目的の顧客が多いため、主な競合企業は他のコンビニエンスストアや、「ウチカフェ」で競合となるカフェチェーンです。
競合企業に対する差別化としては、前述の通り顧客支持の高いスイーツが、年中無休で24時間購入できることでしょう。

カフェチェーンのメニューでも最近はスイーツが非常に充実してきましたが、手軽にいつでも購入できるというのは、コンビニスイーツの最大の利点です。

また昨今の社会情勢を鑑みると、店内飲食が難しく、テレワークやステイホームなどによりテイクアウトが購入の選択肢になっていることを考えると、なおさらテイクアウトが主体である「ウチカフェ」の利点が上がってくることになります。

そのため、ローソンの打ち手としては

・「ウチカフェ」ブランドを活かせる商材を拡販する
・テイクアウトやステイホーム需要に対応できる商材カテゴリを拡充する

ということになります。

 

これらを踏まえて、今回の本屋展開を図る店舗について改めて3C分析を行うと、下記のようになりました。

 

通常店舗と異なり、書籍を拡充することで客単価を上げることが可能になっています。

 > 続きを読む 

関連記事

【ブランディング事例】世界観の徹底で、ポップコーンに「情緒的価値」を付加させたポップコーンパパ【後編】

前回のコラムではポップコーン専門店「ポップコーンパパ」を経営する株式会社Dreams(大阪府)が、どのようにしてブランド・アイデンティティを確立していったかを紹介しました。 今回は、ブランド・アイデン …

コンビニ“ローソン”が繰り広げる新しいブランド連想 ―カフェと書店とステイホーム【前編】

  全国でコンビニエンスストアを展開するローソンが、今度は書店の展開も目指していくことを発表しました。 ローソン/埼玉県狭山市に新業態「LAWSONマチの本屋さん」1号店、日販と連携 &nb …

任天堂のWebサイト

任天堂が挑むブランド拡張〜カギとなるのは親しみやすいキャラクター〜

(出典:https://www.nintendo.co.jp/index.html) 世界的なゲームメーカーとなった任天堂。一貫してゲームユーザーのすそ野を広げることを基本戦略としてきました。その過程 …

バルミューダのトースター

「モノ」を売らずに「体験」を提供することで情緒的価値を生み出す 〜「ドヤ家電」バルミューダのトースター〜

(出典:https://www.balmuda.com/jp/about/) ドヤ家電という言葉をご存知でしょうか。ドヤ家電とは、ついつい人に自慢したくなるような家電製品のこと。日経MJが発表した20 …

自動車保険のイメージ

「ネット自動車保険を甘く見てはいけない」は危機感の表れ?Zソニー損保CMからみる業界動向

ネット自動車保険のシェアトップを走り続けるソニー損保ですが、最近のCMでは消費者の危機感をあおるようなメッセージを発信しています。その理由は何でしょうか。考えていきます。 「ソニー損保をご存知ない?」 …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
スターバックスの店構え
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
ブランド
はじめてでもわかる!ブランド・アイデンティティとは
オンデーズの店舗イメージ
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
モスバーガーのとびきりハンバーグサンド
モスバーガーのブランド戦略〜キーワードは「おいしさ」〜