特別寄稿

【特別寄稿】『ミッキーの家』に11時間待ち?!

投稿日:2018年11月20日 更新日:

東京ディズニーランドの「ミッキーの家とミート・ミッキー」で11時間待ちという驚きの記録が生まれたそうですね。
キャラクターが生まれて90周年という記念すべき日ではありましたが、特別のイベントもなく、平常通りの営業だったそうです。
では、なぜそのように多くの人が集まったのでしょうか?
その理由を探りたいと思います。

今更思う・・何故、東京ディズニーランドなのか

そもそも東京ディズニーランドとは、いかなる場所なのでしょうか。
「夢の国」、「非日常の世界」などと呼ばれていますが、そこに人は何を求めていくのでしょうか。
改めて考えてみると不思議ではあります。何年かに一度は新しいアトラクションが生み出されてはいますが、頻度の高い人は変わらぬ施設を何度も訪れていますよね。
満足感は、様々な要因により生まれます。
人それぞれが、自分の持つ『五感』により、自分が欲する何かを求め、充足させたい欲求にかられる。ゆえに人それぞれの嗜好が異なる。
しかし、多くの人に共通する「ニーズ」を満たしているのが、東京ディズニーランドなのでしょう。
「東京ディズニーランド」は何により顧客の満足感を生み出しているのでしょうか。

人は、「体感」、「共感」すること、そして「物語」により、心の満足感を得る

マーケティングには、「利益を上げていく合理的な側面」と「エモーショナル(感性的)な側面」の両輪が必要です。
東京ディズニーランドは、その「エモーショナルな側面」というものを真に理解しているからこそ、何年にもわたり多くの人をひきつけてやまないのです。
そこには、「体感」、「共感」という言葉が存在します。
人は、ただ見るだけでは満足感は得られません。そのモノをあるいはイベントを自身が体験することにより、初めて満足感が生まれます。
ブランド物のバックを持つ、初めて海で泳ぐ、カヤックに乗る、アーティストのコンサートに行く、などなどです。
「体感」することにより、ニーズの対象先であるブランドに対し「共感」を覚え、自身のニーズに対する満足感を得られるのです。
このニーズに対する満足感を、「体感」するという経験により提供しているのが東京ディズニーランドなのです。
その中でも、スプラッシュ・マウンテンやジャングルクルーズのように大きな動きのない「ミッキーの家」に11時間も待つのでしょうか。
それは、もう一つのキーワード「物語」ではないでしょうか。
「東京ディズニーランド」を楽しむというより、「ミッキーの世界」を楽しむという心。そしてそこに生誕90周年という願ってもない物語性が付加された。
東京ディズニーランドは、もしかしたら「ミッキーマウスの世界」というブランドを体現化した場所なのかもしれませんね。

「自社の価値」を何で上げるか

「自社の強み」となる提供価値を具現化したものが商品だということは、マーケティングの基本的考え方です。
「ミッキーマウス」こそ、「東京ディズニーランドの強み」そのものなのだということを改めて思い知らされた事象だったということになります。

「人を満足させるには体感してもらう」ことだというマーケティングの基本を自身の体験から理解していた、『ウオルトディズニー』の素晴らしさ、そしてブランド力ですね。

マーケティング、そしてブランディングというものは企業活動における基本です。
是非もう一度マーケティングの素晴らしさ、ブランディングの大切さを認識してください。

 

JMLA(日本マーケティング・リテラシー協会)では、
「人間の感性」をマーケティングに活用することに軸足を置き、
学んだらすぐに実務に活用できる本質をお伝えすることをモットーに
資格講座を企画運営しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。
https://www.marketing-literacy.org/

-特別寄稿

関連記事

田中洋先生

【特別寄稿】ブランドM&Aはなぜ起るのか

近年、日本企業による海外や国内のブランド買収の事例が目立つようになりました。2012年から2014年にかけては、飲料や食品のブランド買収が相次ぎ、人々の気を引きました。今回は、なぜブランド買収が増えて …

田中先生

【特別寄稿】サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?

少子高齢化の問題や労働環境の厳しさにより、人材の確保が厳しいサービス業。他業種に比べて人の入れ替わりも早く、せっかく教育してもなかなかサービスの質が安定しないなど、サービス業の経営者は多くの悩みを抱え …

【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

ブランド・マネージャーを日本で唯一養成している専門機関『一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会』。同協会では協会の卒業生はもちろん、一般の人に広くブランド知識を高めてもらうために定期的にシンポジウ …

【特別寄稿】今企業に求められる「情緒的価値」とは?

これまで日本の企業においては、「技術の粋を集め、最高の製品を世に出せば売れる」とされ、どの企業も自社の商品やサービスの質を上げることに専念してきました。 しかしながら、グローバル社会の進行により、国の …

【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
1月 17, 2018 に投稿された
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
12月 28, 2015 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸