Branding Method

DMマーケティングの鍵になる「オファー」のパーソナライズ

投稿日:2018年3月28日 更新日:

手紙を持った男

紙メディアの中でも健闘しているダイレクトメール(DM)。マーケターからも評価の高いDMの効果について考えてみましょう。

紙メディアの中でも健闘しているDM

データを見る女性
広告における紙メディアの退潮が続いています。日本の広告費における構成比を2015年と2017年で比較すると、新聞は9.2%から8.1%に、雑誌は4.0%から3.2%に、折込は7.6%から6.5%にそれぞれ大幅に減っています(電通「日本の広告費」)。
その中でDMは比較的堅調です。構成比は6.2%から5.8%と0.4ポイントの下落に留まっています。

しかもこの数字には一種のからくりがあります。「日本の広告費」のDMの広告費には配送料しか含まれていません。近年はよりターゲットを絞ってDMを送るのがトレンドとなっているので、当然部数は減り、配送料も減ります。見かけ上ではDM市場は減少しているように見えます。
しかしDMはターゲットを絞った結果、ギフト化、高級化してきています。一部あたりのDM製作費・印刷費は上昇しているものとみられ、むしろDMの市場は伸びていると指摘する識者もいます。

最適なタイミングで、最適なターゲットに響く

スマートフォンを操作する女性
インターネット広告の大幅な伸長にもかかわらず堅調なDM。その理由を考えてみましょう。
ボブ・ストーン/ロン・ジェイコブスによるダイレクトマーケティングの教科書『ザ・マーケティング』によると、ダイレクトマーケティングの要素には「名簿」(ターゲット)、「タイミング」、「クリエイティブ」(デザインやコピーなど)、「オファー」(提案)、の4要素があります。

この4要素が、デジタル印刷とデータドリブン(膨大なデータを収集・分析・活用すること)によって、DMにおいても最適化してきています。
まず「ターゲット」ですが、昔は名簿業者から名簿を買い、ほぼ当てずっぽうにDMを送っていたのが、現在は見込客の情報を、自社サイトのアクセスログやSNS情報、店舗の購買履歴や名刺交換など、様々な手段で収集し、一元管理し、分析し、活用できるようになりました。

このようないわゆるデータドリブン・マーケティングによって、より精緻な顧客分析が行え、最適なターゲットにDMを送ることができるようになっています。
2つ目の「タイミング」ですが、やはりデータドリブンによって顧客のリアルタイムな行動が追跡できるようになりました。女性の結婚、妊娠、出産、育児までのライフサイクルを追跡しつづけ、その都度都度にあった商品のDMを送るのも一つのトレンドです。

最近ではネット通販でカート落ちした(ネット通販で商品を買い物カゴまで入れたが、発注までには至らなかった)顧客に対して、中一日でフォローアップのDMを送ることもできるようになりました。Eメールよりもより高い効果が得られたといいます。

重要なのは「オファー」のパーソナライズ

「ターゲット」と「タイミング」がより最適化したことは、識者の中でも述べられています。「クリエイティブ」に関しては、昔から制作会社や印刷会社が競い合って、デザイン力や企画力を磨いてきました。

ここで忘れてはいけないことは「オファー」の最適化です。デジタル印刷によって、住所・宛名だけでなく、コンテンツもフルカラーによるバリアブル(差し替え)が可能になりました。例えば40代のこの男性にはこのスーツをこの割引率で、20代のこの男性にはこのスーツをこの割引率で、オファーすることができます。

デジタル印刷を宛名差し替えだけにするのはもったいない。オファーをその顧客に相応しい内容に差し替えることで、DMのROI(投資対効果)も飛躍的に高まります。
「ターゲット」「タイミング」「クリエイティブ」「オファー」のどの要素が最も重要なのかという議論がなされますが、全部重要なのです。すべての要素がうまくかみ合ったときに、DMメディアは最大限の効果を発揮すると思われます。

関連記事

ブランド

ブランディングの基本が理解できる!!【BRANDINGLAB記事まとめ】

「ブランディングって何だろう?」と興味を持たれている方や、「ブランディングをそろそろ始めたい!」という方にお伝えしたいのは、まずブランディングの概要を理解することが大切だということ。今回はその手がかり …

自社の採用ブランドの問題点を特定する

採用ブランディングについて その3 現在の採用ブランドの問題点を知る 採用市場における自社のポジショニングと、採用競合企業が明確になれば、次に取り組むべきなのは、現在の「採用ブランド」の問題点を知るこ …

ブランド要素とは?コカ・コーラを見ればわかる9つの要素

ブランドがブランドたる所以は何でしょうか。強いブランドほどネーミングやロゴなど、そのブランドを構成する要素を意識的に打ち出しています。 今回は、ブランドを構成する最小単位であるブランド要素について、1 …

印刷機

ブランディングのヒント〜生産設備の見せ方〜

中小製造会社の会社案内などでは専門用語が飛び交い、業界以外の人にメッセージが伝わらないことが多くあります。今回は製造会社のブランディングについて一例を示します。 生産設備の「見せ方」が問題 「モノづく …

採用ブランディングの決め手は継続的な発信と接点の創出

採用ブランディングについて その5 重要なのはターゲットを絞った情報発信 既に述べてきたように、「採用ブランディング」とは世の中の万人をターゲットとした取り組みではありません。自社の将来の成長にとって …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
マクドナルドとモスバーガー
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?