話題の事例紹介

新時代の交通広告!? タイヤの跡が広告になる自転車

投稿日:2019年3月28日 更新日:

走った跡が広告になる自転車「STAMP BIKE(スタンプバイク)」が19日、東京都渋谷区の複合施設「渋谷ストリーム」の広場で報道陣に公開された。

携帯電話大手NTTドコモが開発。自転車に3Dプリンターで製作した空気の入っていない「エアレスタイヤ」とポンプを取り付けた。ポンプからタイヤに水が噴射され、ぬれたタイヤの跡がスタンプのように地面に残る仕組みになっている。
(中略)
同社担当者は「水で描く広告を通して環境負荷の低減を啓発し、見た人に少しでも地球環境のことに思いを巡らせてもらえれば」と話していた。

(読売新聞オンライン 2019/03/19
タイヤの跡が広告になる自転車、ドコモが開発)

新しい交通広告が誕生した、というと大げさだろうか。しかし、時間の経過で自然消滅する広告媒体は前代未聞ではないだろうか。

AR(Augmented Reality = 拡張現実)などを駆使したデジタル広告の進歩に目が行きがちな昨今、ローテクを活かしたこのような広告はかえって目を引くかもしれない。

自転車の構造上、タイヤの幅より広いものとタイヤの直径より長いものは表示できないという制限はあるが、ローカルな広告としては十分活用できそうだ。たとえば地元密着型のスーパーや飲食店など、この媒体の話題性にも注目した企業が広告主になるだろう。

はたして、「STAMP BIKE」は交通広告の一つとして普及するのだろうか。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

関連記事

TOTOが「おもてなしトイレ」を導入 空の玄関から日本の強みをアピール

TOTOは日本の玄関口とも言える成田国際空港第一ターミナルビルの南ウイング1階に、IoTを活用した“最先端のおもてなしトイレ空間”「experience TOTO」を設ける。開設に当たってはNTT東日 …

どう変わる? 国民的サウンドロゴ

「伯方の塩」で有名な伯方塩業(松山市)は、CMでおなじみの「は・か・た・の・しお♪」というフレーズを歌う2代目声優のオーディションを実施している。グランプリに輝くとウェブ広告に出演できるとあってネット …

“マイルドダンディ―” 京セラが提唱する新しい消費者像

次の時代の新たな男性像 (中略)「マイルドダンディー」とは、どんな男性なのか。 古き良き「ダンディー」には、ギラつき感や高級志向のイメージが伴うが、そういったものが重視されなくなり、質実をとる紳士像― …

海外市場からの撤退によるブランド・イメージの損耗

ジャスダック上場で装置部品製造の「フェローテックホールディングス」は、韓国の連結子会社「Ferrotec Advance Materials Korea」(韓国・唐津市)が行うCVD-SiC事業から撤 …

外食チェーン、新商品の投入サイクルが業績に拍車をかける

明暗がくっきり分かれる決算となった。 牛丼チェーン「すき家」を手がけるゼンショーホールディングスが2月5日に発表した2018年度第3四半期(2018年4月~12月期)決算は、売上高4548億円(前年同 …

サイト内検索

ブランド・マネージャ―認定協会サイトへ

Chess
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ブランディング
ブランディングとは? 「基本的な意味と進め方」について解説!
スターバックスの店舗
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
アフターコロナ時代の5つの消費トレンド予測
打ち合わせ
CI、VI、BIの違いとは?
印刷会社が進むべき16の事業領域~アフターコロナ時代を見据えて~
マトリックス
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
キャリアウーマン
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
星のや軽井沢
星野リゾートのブランディングから学ぶ!〜理論の実践とは〜
無印良品
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト